弁護士と司法官の違い

弁護士と弁護士の違いを知るためには、まず各人の役割と機能を理解しなければなりません。弁護士という用語は珍しいことではありません。実際、私たちの多くは何の問題もなくこの用語を説明することができます。しかし、司法裁判官は、法的な分野ではない私たちのものほど一般的ではないかもしれません。弁護士という用語は、裁判、紛争、相談などの法的側面に関連しています。しかし、弁護士は一般的な用語であり、多くの役割と機能が含まれていることを理解する必要があります。プリマ・フェーシー、弁護士とは、法律を執行するために認可された人、またはその職業が法律を実践している人を指します。一方、司法裁判官は、弁護士のサブカテゴリーです。弁護士がさまざまな側面を考慮すると、なぜ弁護士が単に一般的な用語であるのかが明らかになります。より詳しく見てみましょう。

弁護士は誰ですか?

弁護士という用語は、伝統的には、法律問題で学び、職務を遂行することを許諾された者 と定義されています。この職業が何を意味するかを正確に調べる前に、試験、訓練、および試験に合格した後にのみ、「 棒試験 」と呼ばれる有名な試験に合格することに注意することが重要です。 「法律を執行するための免許を取得すると、多くの機能を実行することができます。これには、法的な助言や支援をクライアントに提供すること、法廷または他の法的問題の前で人々を代表すること、法的文書を作成すること、および/または法案を作成することが含まれます。弁護士は、法律上の助言を提供する際に、関連する問題をクライアントに説明し、適用法を説明し、最善の行動を案内します。さらに、弁護士は、法律上の問題の法的権利と義務を顧客に知らせる。

弁護士はまた、法廷またはその他の裁判所の法廷の前で人々を代理する資格があります。したがって、弁護士は、顧客を代理して訴訟を起こしたり、訴訟を起こしたりして、顧客の訴訟を起訴または訴訟することになります。弁護士の役割は、管轄権と異なる場合があります。しかし、一般的に、上記の説明は弁護士の標準的な定義を構成するものである。弁護士は、弁護士、弁護士、法廷弁護士などの他の役職にも知られています。

これとは別に、弁護士は、請負契約、意志、特許請求、行為、嘆願、請願書または提出書類などの裁判所文書などの法的文書を作成するように訓練され、資格があります。

弁護士も法的文書を作成する

犯罪者は誰ですか?

前述のように、弁護士という用語は一般的な用語です。したがって、弁護士は、法律の実施を認可された専門家グループを代表しており、このグループには弁護士のサブカテゴリがいくつかあります。これの古典的な例は、訴訟という言葉です。私たちの多くはおそらく

訴訟

という言葉を聞いたことがあります。訴訟とは、法的紛争を決定する訴訟または訴訟を指します。したがって、 法廷でこのような論争を論争したり反対したりする時間を費やす弁護士は、訴訟担当者として知られています。訴訟裁判所は、民事訴訟または刑事訴訟を専門とする弁護士であり、法廷で法的訴訟の当事者の一人を代表する弁護士として定義されています。裁判所の前に顧客を代理する以外に、仲裁手続やその他の司法審問のような他の審問のために訴訟担当者が現れる。 訴訟担当者の顧客は、「 訴訟担当者 」と呼ばれています。訴訟担当弁護士、弁護士、弁護士、弁護士、弁護士、弁護士、訴訟弁護士、または弁護士としても知られています。 または 留守番

したがって弁護士は弁護士のグループに属しますが、彼/彼女の役割は、法廷に出頭し、クライアントのために法的紛争を主張することに主に専念することです。 弁護士は法廷で法的紛争を起こす 弁護士と司法機関の違いは何ですか? したがって、弁護士と司祭の違いは明らかです。 •弁護士は、実務法に資格を与えられ、認可された専門家グループを表す総称です。対照的に、弁護士は弁護士の一種を表します。 •弁護士の役割と機能は、管轄権と管轄とで異なる。しかし、一般的に弁護士は、法律顧問や援助を顧客に提供し、顧客を代表し、法廷で弁護し、意志、契約、行為などの法的文書を作成する。 •法廷または弁護士とも呼ばれる訴訟担当者は、クライアントを法廷で弁護することに重点を置いています。したがって、司法裁判官は議論を準備し、そのような議論を法廷に提出する。弁護士は弁護士ですが、法廷に出頭し、クライアントのために法的紛争を主張する時間を費やしています。

イメージ礼儀:

Adam Rifkinの法的文書(CC BY 2.0)

Fayerollinsonの法廷(CC BY-SA 3.0)