ホンダアコードとマツダ6の差

ホンダアコード対マツダ6

これらの車はどちらも実際にはミッドサイズ車のハイエンド市場。

Accord 2010は、1976年に初めて導入されたプラットフォームで構築されて以来、さまざまな設計と技術のアップグレードを経ています。マツダ6は、2002年に初めて導入されたが、すでに実証済みのプラットフォームを搭載しています。

<! - 1 - >

これらのモデルの4ドアセダンを比較しましょう。アコード2010には、2リットルのI-VTECエンジンが搭載され、177 BHPを提供します。マツダ6には2.1リットルのDOHCエンジンが搭載され、170 BHPを供給しています。同社が主張するアコードによる燃費は、市内で22 MPG、高速道路で31 MPGです。一方、マツダ6は市内で20 MPGを、高速道路では29を提供している。

車の寸法が関係している限り、両方の車はすべての安全機能と寸法を備えたほぼ首から首を結んでいます。しかし、ホンダ合意は、キーレスエントリーとフォールディングサイドミラーのようなマツダ6が提供していないいくつかの便利さを提供します。これらとは別に機能の違いはほとんどありません。

<! - 2 - >

Honda Accord Sedan LXマニュアルトランスミッションは、基本MSRPがUSD 21,055 /に、2010 Mazda 6 i SVはベースMSRPがUSD 18,450 / - に記載されています。アコードとマツダの目的地料金をUSD 710 / - とUSD 750 / - にそれぞれ追加すると、同価格はアコードでは21,776ドル、マツダ6ではUSD 19,200 /となる。

要約< 1。アコードは1976年に最初に導入されたプラットフォームに搭載されていますが、マツダ6は2002年に初めて導入されたプラットフォームを搭載しています。 2。両方とも中規模セグメントのハイエンドをターゲットにしています。 3。アコードには2.4リットルのI-VTECが付属し、マツダ6には2リットルのDOHCが付属しています。 4。他のほとんどの機能は、いくつかの追加機能でAccordスコアリングと同じです。 5。両方のベースモデルを比較すると、アコードは価格がわずかに高いです。
<! - 3 - >