ハードウェアとソフトウェアの違い

ソフトウェアとハ​​ードウェアは、さまざまな種類のコンピュータ関連の道具類を分類するコンピュータ関連の用語です。

ハードウェアには、ディスク、スクリーン、キーボード、プリンタ、チップ、ワイヤ、中央処理装置、フロッピー、USBポート、ペンドライブなど、物理的に触れることができるすべてのコンピュータ関連オブジェクトが含まれます。 - 1 - >

ソフトウェアには、システムのオペレーティングシステム、ウイルス対策プログラム、Webブラウザ、メモリ、すべてのデータ、レポートなど、物理的な感覚では感じられないすべてのコンピュータ関連プログラムが含まれます。データを安全に保管し、それを電子形式で保存するすべてのストレージデバイスはハードウェアですが、データ自体はすべてソフトウェアです。

ソフトウェアは、ハードウェアを適切かつ最適なレベルで機能させるものです。

ソフトウェアとハ​​ードウェアの混乱は、2つの用語が完全に統合されているためです。アンチウィルスプログラムを購入した場合、ソフトウェアを購入しますが、それはディスク上にあるので、ハードウェアも購入しています。ソフトウェアとハ​​ードウェアの大きな混乱は、メモリに関連して発生します。ソフトウェアはコンピュータのメモリ容量を定義しますが、特定のコンピュータで使用されるハードウェアやメモリチップの種類によって異なります。

<! - > - >

ソフトウェアは2種類あります。

アプリケーションソフトウェア:それは個人の好みと必要性のものです。ゲームから、データベース管理システム、ワープロ、スプレッドシートなどの職業関連のプログラムまで幅広く対応しています。
システムソフトウェア:これにより、コンピュータが稼動し、その後、コンピュータ上のアプリケーションソフトウェアが正常に機能します。システムソフトウェアがなければ、コンピュータをシステムソフトウェアで起動する必要があるため、アプリケーションソフトウェアを実行することはできません。システムソフトウェアは、コンピュータのオペレーティングシステムとも呼ばれます。

<! - 3 - >

一部のコンピュータメーカーは、独自の特許システムソフトウェアをハードウェアに提供しています。しかし、一部のコンピュータはプロバイダから購入することができ、別のプロバイダから購入したシステムソフトウェアでうまく動作します。アプリケーションソフトウェアは、ほとんどのオペレーティングシステムで動作するように設計されています。