ハードドライブとメモリの違い

ハードドライブとメモリ

を混同します。ランダムアクセスメモリとハードドライブは、IT世界で最も混乱しやすい話題です。ハードドライブがいっぱいだと思っているが、実際にはいっぱいになっているRAMです。

ハードドライブとRAMの両方がデータの格納に使用されています。

<! - 1 - >

RAMのストレージの種類は一時的なものです。ユーザーがインターネット上の情報にアクセスしようとすると、そのファイルは一時的にRAMにダウンロードされ、インターネットからユーザーがダウンロードしたデータはハードドライブに永久に保存されます。ハードディスクに保存されているデータは永久に残ります。

メモリモジュールは狂っていますチップとマイクロプロセッサのアップ。ハードディスクは、ディスクとプラッタで構成されています。 RAM上のデータは、ビット(0と1)の形式で格納されます。 RAMはチップ上にデータを保持するために連続的な電源を必要とします。ハードディスク上のデータは、磁気ディスクに保存されます。ハードドライブは、データを保持するための連続的な電源を必要としません。

<! - 2 - >

ユーザーが特定のファイルを変更すると、その変更はまずRAMに保存されます。ユーザーが変更を保存すると、コンテンツはハードディスクにコピーされます。ファイルの元のコピーは、ファイルに加えられた変更が保存されるまで、ハードドライブ内で変更されません。ファイルが保存されると、元のファイルはハードドライブ上の新しいバージョンのファイルに置き換えられます。

メモリは、ハードドライブより数百倍高速にアクセスできます。すべてのプログラムが最初にRAMにロードされるので、メモリは通常いっぱいになる。コンピュータが「このプログラムを実行するのに十分なメモリがない」というエラーメッセージが表示された場合、RAMがいっぱいであることを意味します。

<! - 3 - >概要:

1。メモリは、システムボードにインストールされているランダムアクセスメモリを指す(999)一方、ハードドライブは、ハードディスクとも呼ばれる磁気ディスクのスピンドルである。 2。 RAMの容量は、ハードドライブの容量よりも小さくなっています。 RAM容量

は128MBから4GBの範囲であり、ハードドライブ容量は320GBから1994TBの範囲である。 3。 RAMのストレージタイプは一時的ですが、ハードドライブのストレージタイプは

です。 4。 RAMはハードドライブよりも高速にアクセスできます。 RAMはチップで構成されていますが、ハードドライブはディスクとプラッタで構成されています。 5。ファイルに加えられたすべての変更はRAMに保存され、変更内容が保存されると、ハードディスクに永久にコピーされます。6。 RAMにはデータを保持するための連続電源が必要ですが、ハードディスクドライブにはデータを保持するための電源が必要ありません。