グループとチームの違い

グループとチーム

チームとグループは同じ意味で使用される言葉ですが、実際は異なっています。

チームとグループは、複数の人を指すことがあります。チームの強みは、主に個人間の共通の目的とつながりに依存しますが、グループの強みは主にリーダーごとに各個人の意欲にかかっています。

<! - 1 - >

グループを作る方が簡単です。たとえば、経験や専門知識、性別、年齢、その他の要因の年数に基づいて、会計士のクラスタをグループ化することができます。それどころか、チームを構成することは難しい。これは、チーム内のメンバーが単一の共通性によってではなく、個々の能力のために選択されているためです。グループは、共通の目的のために会員の才能を引き出すために、議論、圧力、議論などの多くの要素を利用することができます。しかし、チームのメンバーは、包括的な結果を得るために、自分の能力を使います。

<! ----->

グループを形成することは、チームを形成することに比べて時間がかかりません。これは、グループの共通性が積極的な役割を果たすため、この共通性はチーム内のメンバー間では見られないからです。

チームメンバーがいないとチーム全体のパフォーマンスが低下する可能性がありますが、グループメンバーがいないことは、グループ全体に影響を与える可能性は低いです。

チーム内のメンバーとは異なり、グループ内では、リーダーの指揮に従ってメンバーが移動します。

<! - 3 - >概要

1。チームの強みは、主に個人間の共通の目的とつながりに依存しますが、グループの強みは主にリーダーごとに各個人の意欲にかかっています。 2。グループを形成する方が簡単です。それどころか、チームを構成することは難しい。これは、チーム内のメンバーが単一の共通性によってではなく、個々の能力のために選択されているためです。 3。チーム内のメンバーとは異なり、メンバーはグループ内のリーダーの指揮に従って行く必要があります。 4。グループを形成することは、チームを形成することに比べて時間がかかりません。 5。グループでは、個人の共通性が積極的な役割を果たし、この共通性はチーム内のメンバーには見られません。 6。チームメンバーがいないとチーム全体のパフォーマンスが低下する可能性がありますが、グループメンバーがいないことは、グループ全体に影響を与える可能性は低いです。