ヒンズー教と仏教思想の違い

のような言葉の意味を完全に察知することは、

この世界の最も知的な人でさえも、宗教、神、罪、ダルマ、アドハルマなどの多くの哲学的および宗教的な言葉の意味を完全に察知することは、実際には非常に困難です。しかし、それらの中で最も複雑で主観的なのは文字通り「再生」を意味する 「転生」(Punah janama) です。 ヒンズー教と仏教は、それぞれの宗教的談話に言及するだけでなく、生まれ変わりや再生という細部に至るまで、世界の2つの主要な宗教である 。生まれ変わりと再生は文字どおり同じことを意味しますが、 「生まれ変わる」、ヒンズー教および仏教の記述の説明に関しては、両者にはかなりの違いがあります。

<!

サンサラ、 は誕生と死のサイクルの普遍的なシステムを意味する という語は サナタナ・ダルマ の最古の宗教的テキストであるヴェーダの隆起の場所を見つける>インドではほぼ1500年から2000年にかけて開発されました。 Sanatana Dharma(広くヒンズー教徒として知られている)に描かれているような神々と女神は、 アバター として何度も繰り返されていると言われています。再誕生の背後にある考え方は、神、女神、または人間が再現しなければならないすべての人が、彼/彼女の良いか悪い行為(カルマ)に従って全能者(Vidhata)によって報われるか、以前の人生では神と女神さえも間違った行為のために全能者 (Vidhata) に答えることを免れられないという事実は、インドの宗教的および哲学的思考において「再化身」の重要性の程度を測るのに十分な資料である。信念 <!大多数の信者によって行われているように、キリスト教とイスラム教には再登場の正式な言及は見られないが、メンバーは再宗教を信じる主流の宗教の亜種がある。多くのイスラム教徒は、ムハンマドが歴史的なムハンマドに生まれ変わったと信じており、イエスが審判の日に再登場するというキリスト教の広範な信念があります。ユダヤ教のテキストには、「魂の循環」や魂の移住についても言及されています。しかし、この種の再化身は、サナタナヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教などのインド生まれの宗教に見られるような一般的なルールではありません。組織宗教(ヒンズー教を除く)が仏教から始まっても、古代ギリシャ、中国、南アメリカでの哲学思想や議論を支配するために使用されました。 <!ヒンズー教の再誕生と仏教の再出産の違い

再誕生

またはプナ・ジャナマは、ヒンドゥー教の信仰哲学の核である。ヒンズー教徒の信者の間では、再登場という概念の中で真理に関して多くの議論が残っています。それにもかかわらず、それはヒンズー教徒の過半数、そして無神論者でさえ、真実であると高く評価されています。ヒンドゥー教徒は、魂(Atma)は破壊的で永遠であると信じている。破壊も創造もできません。人間の体は、魂が歩行する基盤のようなものです。

死の魂は古い体を離れて新しい体に入り、新しい誕生が起こり、同じプロセスが続きます。ヒンドゥー教徒の間では、人(たとえ神)さえも、彼/彼女の間違った行為のために全能者に答えることができ、反対に人類と神への奉仕の点で善行に報いるという強い信念があります。行為と誤った行為には、目に見える形や定量化できる行為だけでなく、思考、信念、知覚、知恵、無知なども含まれます。したがって、人は、間違った行為のために処罰の期間を過ごすだけでなく、最後の人生で神への人のような、疑いのない献身のために良いことをするための幸せな生活の面で報酬を得るだけでなく、満たされていない心を感じた欲望。父親、母親、児童、兄弟、姉妹、友人、ロマンチックなパートナー、またはペットでさえ、人間の再誕生の原因になることができる、それは広くヒンドゥー教で信じられています。これらは、人間を

サムサラ

に結び付ける マヤ (アタッチメント)と呼ばれています。 無知は、 Maya の根本的な原因であり、それは重要な願望であり関係 への愛着です。人間はそのような無知を取り除いてそのような マヤから解放され、最終的な解放が達成され、再出産のサイクルは終了する。 物質的な喜びのための欲求と近所のものと愛するものへの愛着は2つの異なるものです。 金持ちになるという欲望は、感覚器官の喜びを増強するため、重要な願望です。一方で、目、耳、触感(触感)、性的喜びの要素さえも感覚器官の喜びは、そのような要素の構成要素であるが、近くの親愛なるものへの愛着は、Mayaのより深い概念である。 。クリシュナ卿は、ヒンズー教の最大の聖書のひとつであるギタの教えで、PurushottamaとSri Ramakrishnaについて話しています。インドの聖人の大元は、 Kathamrita で同じことを指しています。喜びや心理的な愛着を取り戻すことができ、死者の釈迦(自由)を達成する。リシュ(聖人)、デヴァ(神)、アバター(半神)が人間を呪う、あるいは ラックスシャッシュ<悪魔(悪魔)がヒンズー教の神話に、呪われた人が救済を受ける前に、事件の発生、特定の行為、または特定の人物の誕生を意味します。そのような呪いの理由は、性的な性交から人間や動物の傷つけや殺害、あるいは殺人者への嫌悪に至る可能性がある。 復興 はヒンズー教の復興とは根本的に異なりますが、伝統仏教のゴータマ・ブッダはヒンズー教からインスピレーションを得てコンセプトを深く掘り下げています。当時、ヒンドゥー教は宗教が存在していなかったことを忘れないように心がけるべきです。ヒンズー教のように、仏教の哲学もまた、誕生のサイクルを大いに強調している。 Gautama Shakyamuniは、インド北部のルンビニにある王室の王子として、ネパールのヒマラヤ王国で現在600bcで生まれました。非常に早い年齢で、人間の悲惨さ、病気、老齢および死はGautamaを動かし、彼のパラダイムシフトが起こった。ゴータマは高慢になり、これらの深遠な疑問に対する答えを見つけるために宮殿を出ました。生命の真実を求めながら、ゴータマは再出生という考えを実現するようになりました。ブッダによって認識され、仏教の信者によって信じられているような再出産は、仏教が魂の永遠性と破​​壊性を信じない という根本的に異なっている 。仏については、再生の知識は、北インドの有名なBodhiの木の下で達成した彼の涅槃(精神的な目覚め)の不可欠な部分でした。仏教は霊的な目覚めを達成する過程で、以前の人生を経験したと言いました。仏教の教えによって啓発された仏教徒は、アトマや魂が永遠で死体から解放され、新生体に入るとは信じていないのではなく、生存者の存在状態が何度も何度も繰り返されるという見解に同意する。因果関係の法則に従う再出生です。そして、 これは生まれつきに役立つ状況が何度も繰り返されるために起こります 仏は瞑想中に涅槃を達成したと言われています。ニルヴァーナ・ブッダ(Nirvana By Buddha)は、すべての地上の愛着から自分自身を切り離すことを意味し、再出産のサイクルから解放されました。ブッダによれば、究極の解放は、欲望、嫉妬、憎しみ、貪欲、愛情、愛情、そして無知という情熱を消すことができる時に起こります。これは、人が物質的・心理的欲求を完全に取り除いた瞬間に再出産のサイクルが崩れ、地球上に生きる理由がなくなることを意味します。サイクルが崩れた瞬間、パラマ・シャンティの感情や絶対的な至福が心を満たしますが、仏教の文献はそのような至福の本質については黙っています。 仏教は、前の人生の行為に対する報酬や罰のヒンドゥー教義を信じていません。ヴェーダでは、モクシャ(Moksha)や自己実現を達成する方法について、精巧なテキストを見つける。 バクティ・マール(Bhakti Marg)、神への献身、ガヤ・マール(Marg)、知恵、カルマや行動。しかし、仏教徒は神への献身が涅槃を人に与えることはできないと信じている。実際に仏は、彼が涅槃を達成するために必要または十分であると考えなかったので、彼の信者から百パーセントの献身を求めなかった。 仏教徒は、永遠の魂は存在しないので、魂が身体から別の身体へと移行するという見解に加入していません。むしろ彼らは、私たちの体と心はエネルギーと分子から成っていると信じています。完璧な状況に合わせて、これらは新生児で機能し始めます。

要約 (1) ヒンドゥー教は再誕生を信じている。仏教は再出生を信じています。 (2) 再登場は魂の移住に似ています。再生は魂の移住に似ていません。 (3)

再登場は、魂の永続性、永遠性、および破壊性に基づく。仏教は魂のそのような財産を信じていません。
(4)

ヒンズー教では、すべての人が前世の善悪の行為のために自分の口座を決済しなければならないので、再登場が起こる。仏教における再出産は、最後の人生の行為とは関係ありません。

(5)

ヒンズー教では、神に対する未確認の降伏は、人が再出産の連鎖から解放されるのを助けることができます。仏教は神への献身が人のために涅槃をもたらすことができると信じていません。