ヒンズー教とイスラム教徒との違い

ヒンズー教徒とイスラム教徒

多くの人々がヒンズー教徒とイスラム教徒を混乱させていますが、その逆もあります。それぞれの人物を個別に慎重に調べると、多くの類似点があるだけで、2人の間に多くの違いがあることに驚きます。実際、ヒンズー教とイスラム教、ヒンズー教徒とイスラム教徒との間には明確な関係があります。 2つの宗教団体が歴史的に言えば、しばしば戦う傾向があることを知ることも驚くべきことではありません。

<! - 1 - >

それらの境界を形成するのは、それらの非類似性です。まず第一に、ヒンズー教徒は多神教であるため、多くの神を信じています。一方、イスラム教徒は、キリスト教のように一人の最高神のみを信じるため、一神教的です。ヒンズー教の多神教的性質のために、イスラム教はアッラーだけの神性を信じている間、彼らの神々は何かに存在しているようです。

<!これらの宗教のそれぞれからの2人の個人は、いくつかの種類の動物を摂取することに一定の留意点があることに注目することは興味深いことです。例えば、イスラム教徒は汚れた意味を与えられているので、豚や豚肉を食べることはできません。彼らは、子羊、ヤギ、牛、および他の多くの肉製品のように、他の種類の肉を食べる。対照的に、ヒンドゥー教徒は彼らが牛や牛を食べないことを確認します。この理由は、イスラム教徒が豚をどのように見ているかとはまったく反対です。ヒンドゥー教徒は牛の神性を信じています。だから、その神聖さのために、それは誰にも食べられたり、不自然に殺されるべきではありません。

<!一部の人にとって驚くべきことだが、イスラム教徒の死に対する考え方は、ヒンズー教と比べてキリスト教に似ている。イスラム教徒は、判断の日があると信じ、死者の魂は、最終的に死後の肉体から分離されるだろう。ヒンズー教徒は生まれ変わりの概念を信じています。だから、死者の魂は別の体で生きることができます。

もう一つの面白いヒンドゥー教の信念は、無私の行為や思考を強調する必要があることです。あなたが優しさのこれらの行為を行うほど、より高い存在に生まれ変わるチャンスが大きくなります。あなたは次の人生でアリになりたくはありませんか?しかし、イスラム教徒にとっては、ラマダン時代に断食を厳しく練習しなければならず、また、ナマズ、ロザ(速い)、毎日のシャハダの暗唱などの重要な宗教儀式にも従わなければなりません。要約:

1。ヒンズー教徒はヒンドゥー教の実践と信念に従う人々であり、ムスリムはイスラム教に従うものです。 2。ヒンドゥー教徒は多くの神​​を信じていますが、イスラム教徒はただ一つの神、アッラーのみを信じています。 3。ヒンズー教徒は牛を食べず、イスラム教徒は豚を食べません。4。ヒンズー教徒は生まれ変わりや生まれ変わりを信じ、イスラム教徒は死後の魂と肉体の分離を信じている。 5。イスラム教徒は、ナマズ、ロザ、シャハダのような多くの宗教的行為を観察します。