ハイライトとローライトの違い

ハイライトとローライト

ヘアカラーの変更について話すとき、人々はさまざまな選択肢と好みを持っています。いくつかのハイライトを使用している人もいれば、ローライトを使って自分の髪を美しくする人もいます。ハイライトとローライトの両方が髪に良い音色と質感を与えます。さて、ハイライトとローライトには多くの違いがあります。彼らの色は、気づく最も簡単な違いです。

<! --1 - >

名前が示すように、ハイライトされた髪は明るい色を持ち、淡い色の髪は暗い色をします。下線を当てると、髪の色が濃くなります。逆にハイライトを適用すると、明るい髪色になります。

ハイライトは、通常、自然色よりも明るい色合いに焦点を合わせます。ハイライトには、通常、金色、赤色、琥珀色、蜂蜜色が使用されます。一方、ローライトは肌の色調や目の色に合った鮮やかな髪を作成するのに役立ちます。一般に、淡い色が髪の色調と調和します。暗い場所には銅、深紅、梅の色合いが使われます。

<! - 2 - >

一般的に、髪に赤、銅、金の色合いを使うことができるブルネットの場合、ローライトはより効果的です。高齢者はブロンドには適しており、彼らは髪に銅と金の色合いを加えることができます。

ハイライトとローライトの間に見られるもう1つの違いは、後者は一般に、肌がより浅い冬に使用されることです。ハイライトが髪を明るくし、ローライトが髪を暗くします。

<! - 3 - >

一般的には、ブロンドが薄すぎる髪にはローライトが使用されます。わずかに暗い色合いがブロンドの髪に与えられると、それはより深みと寸法を持つでしょう。ローライトは、より多くの質感と暖かさを髪に与えるでしょう。

ハイライトとローライトの費用について話すとき、それは主に使用するサロンに依存します。要約

1。ハイライトにはより明るい色が使用され、ローライトにはより暗い色が使用されます。 2。ハイライトが髪を明るくし、淡い部分が髪を暗くします。 3。ハイライトには、通常、金色、赤色、琥珀色、蜂蜜色が使用されます。暗い場所には銅、深紅、梅の色合いが使われます。 4。通常、肌の色が薄い冬にはローライトが使用されます。 5。ハイライトは通常、自然な色よりも明るい色合いに焦点を合わせます。ローライトは、肌の色調や目の色に合った鮮やかな髪を作成するのに役立ちます。 6。ローライトはブルネットの方がよく動作し、ハイライトはブロンドに適しています。通常、ローライトはブロンドすぎる髪に使用されます。