保証と保証の違い

保証と保証
保証の必要性は、消費者の権利を守るための保護手段として浮上した。保証の強さのために、売り手は購入した商品の完全な交換を行い、それが規定の基準を下回っていることが判明した場合に責任を負います。これは、販売者または製品の製造元が顧客に提示するもので、一定期間有効です。保証は、顧客が商品を支払ったかどうかにかかわらず、法的手段です。

<! - 1 - >

同様に、保証は消費者​​の権利を守るための手段でもあります。保険契約の場合のように法的に実行可能にするためには、顧客側の支払いが必要です。保証の強さのために、売り手または製造業者がその部分の保証の規定を遵守しなかった場合、売り手または製造業者は裁判所に直面することになります。保証は、商品の修理にのみ関連します。

<! - 2 - >

保証は製造業者によって一般的に与えられるが、保証はほとんどの小売販売業者または販売業者によって提供される。バイク購入の場合、製造者からの保証があり、売り手はその部分から車両に保証を提供しなければならない。

保証と保証の主な違いは、両方の場合の期待の相違にある。一般的に、製品に欠陥があるか保証された規格を提供していない場合、保証の強さで元金を返すことができると考えられています。一方、保証は、製品に欠陥がある場合に修理を受ける規定を意味します。最近の期間で最も一般的なのは、品物の条件、発生した損害の質および文書の有効期間に限定された限定保証の使用です。当然ながら、保証の期待値は、保証文書で使用する式によって削減されるため、期待は最小限に抑えられます。したがって、消費者は購入時にそのような書類の利益を期待する前に理解しなければならない保証と保証の本質と精神には大きな違いがあります。

<! - 3 - >概要

1。保証はいつも無料です。保証は、保険契約として料金を引き付けます。 2。この保証は、一定期間内に製品またはサービスの良好な欠陥を作ることを約束したものです。有効期間内に新品を修理した後、保証が適用されます。 3。保証は、支払いのない法的な契約です。支払い時に受け取った保証は、売り手が書籍に持ち込むことができる法的手段でもあります。4。保証は法的消費者の権利に追加されたものです。保証は、消費者行為に基づく権利には影響しません。 5。保証は、保証の提供に関係なく適用されます。保証は、同じ記事で発行された保証と一緒に行くことは自由です。