神とイエスとの違い

神とイエスとの関係

非キリスト教徒の心、多くのキリスト教徒の心がイエスの真のアイデンティティについて語ります。私たちが聖書に従えば、イエスは神の息子であり、人類の解放のために人間として生まれ、救いの正しい道を示すためです。しかし、イエスが自分自身を神と信じ、神とイエスが同じものであると信じるキリスト教徒と非キリスト教徒の不足はありません。この見解に反する人もいます。もしイエスが自分自身が神であれば、聖十字架で拷問されて泣いていたのですか?もしイエス様が神様なら、彼は自分自身に話しかけていましたか?これらは答えが難しい質問ですが、この記事では実際にイエスと神の間に違いがあるかどうかを調べるための試みです。

一つの神があり、神と人の間の仲介者はイエス・キリストと呼ばれる人です。これはティム2のように述べられています。5.これはただ一つの神のみが存在することができ、これが真実ならばイエスが神であることは不可能であると説明します。なぜなら、イエスが神であり、父も神であるならば、聞いたり考えても無意味な二つの神があるからです。父なる神は唯一の神であり、イエスは聖書に従う神の子です。もちろん、神の息子であるイエスは、神と人類との間のメディエーターです。この文だけで、神とイエスの間の違いを反映したり意味​​したりするのに十分です。罪深い人と罪のない神との間の仲介者は、罪のない神自身ではなく、むしろ罪のない人であることが理解されなければなりません。その人は私たちの救い主、聖母マリアに聖霊を染み込ませて聖霊と共に人間として出産した神の子、イエスです。だから聖母マリアは神の息子の母親でも、神の妻ではなく、神の子を産むための媒体です。

<!神は人ではないことを聖書で何度も思い起こされています(民23:19;ホース11:9)が、最高の息子であるイエスはいくつかの類似点を持っています神、それは多くの信者を混乱させて、イエスの中に神自身を見ることができるこれらの類似点です。神の息子であるため、イエスは同じ人間であることができず、神と同じくらい年寄っていることができないので、神になることはできません。

聖書は三位一体について語ります。それゆえ、神自身、息子の神、神の聖霊は、神の中の三人です。この行に沿って考えると、イエスは息子の神であるように、本当に神です。神のみが人間の心の中にあるものを知っており、これは人の心の中に何があるのか​​を知っていたので、イエスに見られる特徴でした。神はすべての罪を許す者であり、私たちはまた、すべての罪を許した者であることを知っています。神のみが崇拝でき、特に死後復活したときにイエス様を崇拝します。これは、聖書によれば、神が持っているほとんどすべての特徴がイエスに見られるということです。したがって、彼はまた神、息子の神です。父なる神が人を愛し、人類を救うために、私たちのために人間のために生き、苦しんで死んだ、地球上の息子神を遣わしました。

<!要約

•イエスは神であるという見解の支持者によれば、神は聖書において三位一体とみなされています。神は父なる神、息子の神、聖霊の神の三人です。イエスは息子の神であり、確かに神自身です。

•神は息子を人類の救い主に選んだので、イエスはただの神の息子であり、神の御子ではありません。息子であることから、彼は神と多くの類似点を持っていますが、神と同じ人であることはできません。また、神は死ぬことはできませんが、イエスは三日間死ぬ。神を見ることはできませんが、イエスは人として生き、人によって扱われました。