ガラスとセラミックスの違い

ガラスとセラミックス

ガラスとセラミックスは家庭用品を作るために広く使われています。家庭用材料の製造以外にも、ガラスやセラミックは多くの分野でその地位を確立しています。

ガラスはセラミックの一種と呼ばれることがあります。ガラスは非結晶材料であることが知られている。これは非晶質の固体であり、分子の長距離秩序を持たないことを意味する。

<! - 1 - >

セラミックは無機材料と呼ぶことができます。ガラスとは異なり、セラミックスは結晶または部分結晶構造を有することがある。セラミックスは非晶質であってもよい。

二酸化ケイ素はガラスの主成分である。ガラスは2種以上の金属ケイ酸塩の混合物である。粘土はセラミックスの主な要素です...ガラスとセラミックスの両方が脆弱であり、小さな力で破損します。ガラスは透明でもあり、光が通過することを意味します。セラミックスは不透明である可能性があります。つまり、光が透過することはありません。最古のセラミック製品は粘土から作られた陶器でした。

<! - 2 - >

ガラスの歴史はメソポタミアで紀元前3500年にさかのぼります。ガラスという用語は、ローマ帝国後期に最初に開発されました。セラミックスはギリシャ語のケラミコスから来ています。ケラミコスは陶器とケラモスを意味します。これは陶器の粘土を意味します。

<!セラミックスは硬く、脆く、耐酸化性、耐摩耗性、耐熱性、電気絶縁性、耐火性、非磁性、化学的に安定であり、熱衝撃を受けやすい。

<!ガラスは硬質、非晶質、不活性、生物学的に不活性であり、脆く、透明である。

2つを価格の点で比較すると、セラミックスはガラスより少し高価です。ガラスとセラミックスの両方の製造において、若干の違いがある。ガラス窯は上部に発熱体を有し、セラミック窯は側面に発熱体を有する。

<! - 2 - >概要

1。ガラスはセラミックの一種と呼ばれることがあります。 2。ガラスは非晶質であることが知られている。セラミックスは、結晶性または部分的に結晶性であり得る。 3。ガラスは透明でもあり、光が通過することを意味します。セラミックスは不透明である可能性があります。つまり、光が透過することはありません。 4。ガラスの歴史はメソポタミアで紀元前3500年にさかのぼります。ガラスという用語は、ローマ帝国後期に最初に開発されました。セラミックスはギリシャ語のケラミコスから来ています。ケラミコスは陶器とケラモスを意味します。これは陶器の粘土を意味します。

<! - 3 - >

5。ガラス窯は上部に発熱体を有し、セラミック窯は側面に発熱体を有する。 6。 2つを価格の点で比較すると、セラミックスはガラスより少し高価です。