クーラーとエアコンの違い

クーラーとエアーコンディショナーに使用されていますが、それらの間にいくつかの違いがある家電製品の

クーラーとエアコンは、彼らは同じ目的のために使用されていますが、それらの間にいくつかの違いを示しています。

クーラーは熱い空気と水を使ってリビングルームを冷やします。一方、エアコンは、冷凍機のような圧縮機を用いて冷却工程を行う。これは、クーラーとエアコンの主な違いの1つです。

クーラーは外が暑くて乾燥機の方が良いでしょう。一方、エアコンはすべての天候で良好に機能します。クーラーには空気に水分を加える能力があります。したがって、冬季にも役立ちます。一方、エアコンは冬季には役に立たない。

クーラーは高価な家電製品ではありません。一方、エアコンは高価な家電製品です。これは、クーラーがエアコンでもたらされるのと同じ冷却効果をもたらすことができないという事実のためである。クーラーを使用すると、電気料金の形で多くの費用がかかりません。

一方、エアコンは電気代の点でコストがかかります。これはまた、2つのアプライアンスの大きな違いです。エアコンは、すべての条件において一定の冷却レベルを維持する能力を有しているのに対して、クーラーは、湿潤状態の間、最小限の使用量である。

スプリットタイプの空調機には屋外ユニットもあります。一方、冷却器の場合には室外ユニットは不要である。空調機は室外に熱気を単に送るという理由だけで室外機が必要である。これは、クーラーの使用では当てはまりません。したがって、室外ユニットは必要ありません。