脅威と絶滅危惧種の違い

絶滅危惧種と脅かされています

この惑星には数百万種が存在します。植物、動物、最小の微生物まで、これらの種はいわゆる栄養素の中の他のものの食物として役立つので、恒常性と生態系と地球のバランスを維持します。しかし、悲しいことに、世界が都市化するにつれて、世界中のすべての種もまた脅かされたり、絶滅の危機に瀕しています。それはますます多くの動物、植物、そして他の種が絶滅の頂点にある悲しい現実です。私たち人間がそれに反応しなければ、食べ物や食べ物を一切使わずにいつか自分自身を見つけることができます。

<! - 1 - >

「脅威」と「絶滅危惧種」は、これらの現象を記述するために使用できる2つの単語です。これら2つの単語の違いは何ですか?

「脅される種」とは、「種が危険にさらされる危険にさらされる危険、または将来危険にさらされる可能性」と定義される。一方、 "絶滅のおそれのある種"は近い将来に種が絶滅する危険性がある。絶滅は、人口ゼロまたは惑星地球上の種の生存の証拠として定義されていません。

<! - 2 - >

これらの種を保護するための方法がない場合、「脅かされた種」と「絶滅のおそれのある種」の両方が絶滅する危険性がある。脅された種では、人口は依然として大きい。しかし、そのようなことが行われていなければ、これらは危険に晒されやすくなり、その後すぐに絶滅することになります。 「絶滅のおそれのある種」では、「脅された種」と比較して非常に少数の人口が存在する。 「この小さな人口は、脅かされた種に比べて絶滅のリスクが最も高い。

<! - 3 - >

米国では、絶滅のおそれのある300種の絶滅危惧種がある。このような病気のための次の治療法が絶滅する可能性があるので、科学界は心配しています。要約:

1。 「絶滅のおそれのある種」とは、「種が危険にさらされたり、将来的に絶滅の危機にさらされる危険性」と定義されていますが、「絶滅のおそれのある種」とは、近い将来。 2。絶滅危惧種は絶滅危惧種に比べて絶滅するリスクが最も高い。 3。絶滅のおそれのある種は、絶滅危惧種に比べて人口が非常に少ない。