ホットタブとジャグジーの違い

ホットタブとジャグジー

でも使用されています。入浴は、個人のために、そして良い個人衛生を維持するための重要な衛生的行為です。入浴の行為は、異なる宗教の儀式、特定の健康問題の治療、レクリエーション活動にも使用されます。行為は、水域が利用可能である限り、ほとんどどこでも行うことができます。それは、川、湖、プール、海、および他の水域で発生する可能性があります。しかし、通常、シャワーやバスタブで行われます。

<! - 1 - >

アメリカン・イングリッシュのバスまたはバスタブは、水を保持するための容器であり、個人が入浴できるようになっています。バスタブは通常浴室に置かれ、シャワーと一緒に使用されることがあります。今日のバスタブには水抜きがあり、タップがついています。バスタブの通常の形状は長方形ですが、熱成形アクリル材料の導入により、より多くの形状が購入者に提供されました。他のバスタブは、木材、エナメル、鋳鉄、スチール、ガラス繊維などの他の材料で作られています。最も一般的に使用される材料は磁器であり、これらの材料の中で最も強く考えられ、長寿命です。バスタブには、西洋スタイルと東洋スタイルの2つの主要なスタイルがあり、それぞれに特徴があります。西洋式では、バスタブは浅く長くなり、乗員が横たわることができます。日本風のお風呂と呼ばれる東風浴槽では、デザインは短くて深い。これは、設計者が洗面台を起立させるためのものであるためです。

<! - 2 - >

バスタブもいくつか存在します。これらのタイプの中にホットタブがあります。ホットタブは、ある量の水を運ぶように設計された大きなタブまたは小さなプールであり、その後加熱される。このタイプの浴槽は、浸漬、リラクゼーション、水治療、マッサージなどの複数の目的を果たします。ホットタブは通常、電気または天然ガスヒーターを使用して加熱されます。また、水中で木質のヒーターを使用したり、熱を水に伝えるソーラーコレクターを備えた太陽熱温水システムを使用するなど、他の方法でそれを加熱する方法もあります。また、木製の貯水槽やワンピースのプラスチック製の浴槽のようなホットタブのためのさまざまなスタイルがあります。木製の桶は木製の譜表からできていて、スチールバンドと一緒に縛られています。これらの浴槽の内部には、座席用の木製のベンチがあります。ベンチはタブの内側にリングを形成する。

<!ワンピースの浴槽では、ジェットを用いて水の流れを制御し、通気する。この流れはリラックスしたマッサージ効果をもたらします。現在、このスタイルのホットタブは、製造コストが低く、エネルギー効率が良く、設置が容易であるため市場を支配しています。このタイプは、誤ってジャグジーとも呼ばれます。ジャグジーは、ジャグジー社によって作られた浴槽のブランド名です。同社はジェットバスの製造、サイズ、暖房、ろ過システムの改善で有名です。要約:

1。バスタブは、入浴を希望する人を収容するために設計された大きな水槽です。いくつかのスタイルとタイプも存在し、異なる素材から作ることができます。 2。これらのタイプの1つはホットタブです。ホットタブは、浸したり、リラクゼーションしたり、水治療をしたり、マッサージするために水を入れたり熱したりするために使われます。木製のバスタブやワンピースのバスタブなど、さまざまなスタイルも存在します。 3。ジャグジーはホットタブのブランド名です。ジャグジー会社は、渦流バスタブを製造し、その浴槽の特徴を改善することで有名です。