広島原爆と長崎原爆の違い

爆弾は広島と長崎の2つの有名な日本の都市を爆発させようとしていた。ハリー・S・トルーマン米大統領の命令により、1945年8月に破壊されたこの2つの核兵器は、破壊された都市に落ちた。基本レベルでは、両方の原爆はお互いに大きく異なっていた。

<! - 1 - >

広島に落ちた原子爆弾(1945年8月6日月曜日)は、リトルボーイと呼ばれました。それは高度に濃縮されたウラン235から作られました。特定の拡散濃縮技術がこの特定の爆弾の準備に使用されました。 2つの主要な同位体U-235(元々0.7%のウラン)と大部分に存在するU-238の質量の微分多様化が集中していた。 UF 6のように、両方の分子の質量の差はわずか1%である。この特徴は、あまり一般的ではない同位体の莫大な集中をもたらすのに役立った。 60キロ以上の非常に豊かなウランが爆弾に使われ、広島市全体の90%が完全に破壊されました。

<!一方、長崎に落とされた2番目の原爆(1945年8月9日木曜日)は、ファットマンと呼ばれた。このものは8kgのプルトニウム239(> 90%Pu-239)から作られました。さらに、この爆弾の準備には、特定の種類の原子炉の体系的な運用が含まれていました。シカゴ大学の最初の人工原子炉は、分裂中に放出された中性子をペースダウンするために非常に純度の高いグラファイトを使用して雇用された。このようにしてプルトニウム239が生成されると、複雑な同位体分離技術を伴わずにはるかに単純な化学反応プロセスが可能になった。長崎に及ぼす影響は、総人口174,000人のうち22,000人が死亡し、その後4ヶ月で17,000人が死亡したことである。

<! - 3 - >

豊かなウランでできたリトルボーイのデザインはずっと簡単でした。プルトニウムで作られたファットマンのデザインははるかに複雑でした。要約:

1。広島原爆のリトルボーイは、高度に濃縮されたウラン235で作られ、長崎原爆のファットマンはプルトニウムでできていた。 2。前者の爆弾は化学設計がはるかに単純だったが、後者はもっと複雑だった。