ギター・アンプとベース・アンプの違い

ギターアンプとベースア​​ンプ

音楽は音楽を私たちの人生にもたらします。それはジャズを私たちのうそに加えるリバーブを戻します。人生はあまりにも貴重で、悪い音を聞いて過ごすことはありません。 1930年代から、初期のバージョンのアンプが誕生して以来、ステージパフォーマンスの誕生と発展がありました。興味深いことに、初期の電子アンプは電子ギターで使用するために製作されていませんでした。 1030年代と40年代のハワイ音楽の人気は、電子ギターの電子アンプの普及を促しました。

<! - 1 - >

一般的に呼ばれているギターアンプやアンプは、ギターの音量を上げるように設計されています。サウンドはスピーカーによって配信されます。これはまた、音波の周波数を強調し、それらに電子的効果を注入することによって、音色を変更するのに役立つ。ギタリストは、1950年代初頭にギターブランドやアンプに忠実であることを最もよく好みます。これは、古い歴史的なアンプが、より大きなアコースティックギターを生成する低出力のチューブアンプであったためです。

<!増幅器は、低レベルの入力信号を増幅する電圧増幅器を含む。出力は、プリアンプ段とも呼ばれる高レベルの増幅器に変換されます。プリアンプ・ステージは、ディストーション、コーラス、リバーブなどの電子的なエフェクトを生成するのに役立ちます。また、グラフィックイコライザーの制御も行います。ギターアンプは、真空管/バルブとソリッドステート(トランジスタ)デバイスとして提供されています。しばらくすると、両方のコンセプトがアンプに混在します。

コンボアンプにはアンプヘッドとスピーカーが1つの長方形の枠に入っています。
プリアンプと内蔵エフェクト処理ユニットを含む電気回路は、パワーアンプとともにヘッドアンプに配置されます。電子ギターにアンプを使用することで、ソリッドステートモデルの軽量化が図られました。これはチューブアンプより安価な楽器の製作にも役立ちます。
ソリッドステート・アンプは、ベース・ギター、ピアノ、鍵盤楽器、パブリック・アドレス・システムなどの他のライブ・アンプ増幅と比較して、生演奏に生命を吹き込みます。ロック・アンド・ジャズ・アーティストのグラン・ステージ・パフォーマンスの盛り上がりとともに、ギターズ・アンプはさらに優れたコントロールとトーンでより大きな音楽を生み出すように進化しました。今日でさえ、ギブソンとフェンダーは、演奏性、技術的な深み、パフォーマンスの一貫性、そして元の1950年代のデザインを微調整して人気を集めています。
<! - 3 - >

一方、ベースアンプはスタイリストベースのギターに低音レスポンスとトーンコントロールをもたらします。トップモデルのベースアンプには、コンプレッサーの機能が限られているため、アンプの音量を高く保ちます。この楽器には、ベース信号をミキシングボードにパッチする特別な機能も含まれています。低音アンプが急速に加熱されるため、外部メタル・ヒート・シンクやファンを配置してアンプを冷たく保ちます。要約

1。ギター・アンプは、音波の周波数を強調したり強調したり、電子効果を注入したりして、音色を変更します。 2。ベースアンプはベースレスのレスポンスを生み出し、スタイリストのベースギターをコントロールします。