罪悪感と無競争の違い

有罪と対立なし

犯罪の罪に応じる方法は3つあります。人は有罪を訴えることができ、無罪を主張することができます。また、無関係の嘆願を入力することもできます。多くの人々は、彼らに対抗する額を受け入れることと受け入れないことの違いを容易に理解することができるので、コンテストの嘆願を聞くのは混乱している。人が3つの選択肢のいずれかを行使しない場合、州当局は、検察官の額に反して弁護する機会を彼に与える無罪の嘆願をする。この記事では、有罪判決とその相違点を調べるためのコンテストの詳細を詳しく見ていきます。

<!罪を犯したときに有罪判決を言い渡したとき、彼は本質的にすべての告訴を受け取り、これらの告発に対して自分自身を守ることを望んでいないと宣言します。有罪判決は、訴訟を起こさずに先に進むことができ、被告人が犯した犯罪に対して個人に罰される罰を審議したり熟考することができるため、裁判所にとって非常に簡単です。裁判所が確実に望んでいるのは、あなたが自発的に申し立てをしたことだけです。あなたがその告訴を受け入れることに対する過度の圧力はありません。裁判所はまた、請求を受け入れる理由があることを確認したい。これはあなたが真実を話しており、裁判所に横たわっていないことを確認するために行われます。

過去には、親が犯罪罪から子供を守るために罪を訴えてきた例が多くありました。理解していただきたいことは、犯罪に罪を犯した後、あなたがいかなる有罪判決に対しても訴えることができないことです。あなたの肌を救う方法があると感じたら、罪を告白するよりもむしろ戦うほうが良いです。弁護士と話すことは、有罪判決を受け入れる前に、常に良い考えです。警察官の前で告白することさえ、有罪判決を受け入れることと同じくらい良いと考えられます。したがって、あなたが有罪判決を言い渡し、無罪を主張することに決めた場合、有罪判決なしに通過できるように、有罪判決を受け入れる前に何千回も考えると思います。

<! - > - >

コンテスト無し

コンテストはラテン・ノー・ロレンソのコンテンツに由来するものではなく、文字通りコンテストを希望しません。人がコンテストの嘆願書を入力すると、彼は彼が犯されている犯罪に同意していない。それは単に、彼が1つまたは他の理由のために告訴と戦わないことに決めたことを意味する。それは個人が依然として彼が無実だと信じていることを意味しますが、彼は裁判所でそれを戦いたくありません。

ある人が家族が裁判を受けることを望まない場合があります。料金を争うことのない何百もの理由があるかもしれないが、裁判所は個人を罪悪感として扱うが、依然として告訴を受け入れない。裁判所は、弁護士が裁判所であなたの罪を証明する機会を得られず、犯罪を犯したかどうかの疑問に対する回答も得られないので、あなたが犯罪を犯し、刑を執行すると考えています。有名人や裁判所に直面して不快に感じる人には、コンテストの申し立ては一切ありません。

ギルティとノーコンテストの違いは何ですか?

•コンクールは、罪状が容認されている間に容認された罪状の受理も否認もない。

•コンテスト無しの効果は技術的に有罪判決と同じです。

•いかなるコンテストも、被告がこれまたは他の理由のために戦いを望んでいないことを裁判所に伝えません。

•コンテストは、被告人が裁判所に面しておらず、処罰の準備ができていることを意味するものではありません。これは、裁判所の手続を避ける傾向がある有名人に適しています。

•民事訴訟後の被告に対する証拠として、コンテスト嘆願は使用できません。