罪悪感と信念の違い

罪悪感対罪悪感

罪悪感と信念は誤りや罪と関連していることが多い。両方の言葉が同じことを指摘しているので、それらを区別することはしばしば困難です。ほとんどの人は、罪悪感を感じているのか、何らかの活動について確信を持っているのかどうかは分かりません。

<! - 1 - >

罪悪感は、何らかの犯罪や犯罪を犯した感情と定義することができます。それは犯罪、罪または誤りを感じています。罪悪感で、誰も救済の光線を感じるのではなく、ただ非難を感じるだけです。

有罪判決は、不正行為または罪を確信していると定義することができます。確信は、罪の啓示であり、間違ったことです。確信は混乱として呼び出すことができます。

罪は、人が自分の犯罪、間違ったり悪いことを理解したときに起こる感情的な報酬です。罪悪感や邪悪な行為をした人がこれを明らかにし、変化の準備ができているので、有罪判決はより感情的です。

<! ----->

罪悪感は、行為の恥や愚かさを感じさせ、そのような邪悪な行為から決して回復することができない、あるいは他の人に再び良いことをもたらすことができないと感じさせる。ひとりの人が彼の行為を恥ずかしく思って、将来的に何か良いものを届けられないと感じると、彼はうつ状態になるでしょう。一方、信念は、人が自分の良い自己を取り戻すことができる啓示です。有罪判決は、人に良いことをするよう説得する触媒として呼び出すことができます。

<! - 3 - >

罪悪感は、感情の抑制のために、より多くの罪悪感につながる可能性があります。逆に、信念は悔い改めにつながり、人生を変えることができます。ある意味では、罪悪感は否定的な感情であると言えるが、確信は肯定的な感情であると言える。要約

1。罪悪感は、何らかの犯罪や犯罪を犯した感情と定義することができます。信念は、間違ったことや罪を確信していると定義することができます。 2。罪悪感では、人は贖いの光線を感じないが、ただ非難を感じるだけです。確信は、罪の啓示であり、間違ったことです。確信は混乱として呼び出すことができます。 3。感情の抑圧のために罪悪感が増す可能性があります。逆に、信念は悔い改めにつながり、人生を変えることができます。 4。罪悪感は、人を恥ずかしいや行為の愚かな感じさせ、彼は彼がそのような悪い行為から回復することはできませんし、他の人に再び良いを提供することができると感じさせる。一方、信念は、人が自分の良い自己を取り戻すことができる啓示です。