差異後見権と委任状

弁護士は、実体または人物が遺言状に記載されているか、裁判所によって任命された法的関係であり、未成年者や大人の場合自分の個人的なニーズを気にかけ、自分で決断することはできません。

保守派とも呼ばれますが、「後見人」という言葉が頻繁に使用されています。未成年者の場合、保護者は18歳になるまで適用されます。家族や親戚の友人は、裁判所に裁判所に嘆願し、政府機関がそれを申請することができます。

<! - 1 - >

これは無能な大人の場合でも当てはまりますが、保護者になりたい人を選ぶことができます。後見裁判官は、後見許可を与える前にこれを考慮する。後見権が得られた後、後見人は後見権を取り消すことはできません。ただし、一定の目的を達成した後に終了することができる一時的な後見が行われる場合があります。ガーディアンは、病棟のために、あるいは病棟のためにすべての決定を下しますが、病棟のための取引から利益を得てはなりません。

<! - 2 - >

保護者とは、未成年者や無能力の大人が必要とするすべてのケアを受けられるようにすることです。保護者が自分の病棟のために行う決定はすべて、彼の病棟の利益と幸福のためでなければなりません。一方、委任状は、「元本」と呼ばれる個人が代理人と呼ばれる別の個人を任命し、代理人を代理する書面による法的文書である。エージェントがプリンシパルのトランザクションを行うことを許可します。

<! - 3 - >

通常、弁護士は、プリンシパルが自分の業務の一部を処理できないと判断したときに委任状を作成します。これは、通常、彼が病気になったり、事故にあったり、町を出て行かなくてはならないときに行われます。それは代理人と本人との間の書面による合意であり、弁護士がその効力を発揮するためには同意が必要です。プリンシパルは、弁護士の権限がもはや必要でないことを確認しなければならない場合、いつでも辞任または解任することができます。

委任状は、異なる取引のために作成することができます。財政、医療、およびその他の事項を含む。代理人の権限は、契約の内容にのみ制限されます。特別な委任状は、「永続的な委任状」とも呼ばれます。

保護者は、保護者が病院の所在地を決定するために区に行われた金融取引を裁判所や他の機関に報告する必要がありますが、委任状には代理人がペニーを費やす必要はありません。要約:

1。後見は、弁護士が代理人を代理して弁護士を代理して弁護士を代理して弁護士を代理して弁護士を代理して弁護士を任命する弁護士と弁護士との間の法的関係です。 2。後見権が認められない間は、委任状はいつでも取り消すことができます。 3。ガーディアンは、代理​​人がそうする必要がない間に、病棟のために費やされたお金を説明しなければなりません。 4。委任状は、未成年者や無能力の大人の場合に裁判所から保護観察が命じられている間に、特定の任務を遂行できないと判断した場合に行われます。