緑茶とコーヒーの違い

コーヒーと緑茶
緑茶とコーヒーの2つの最も人気のある飲み物を比較するときは、議論は避けられない。それらのそれぞれは、要素によって、人体内でどのように行動し、人間の健康にどのような影響を及ぼすかによって異なります。この記事では、2つの違いについて、事実を述べることで説明します。

<! - 1 - >

世界中のコーヒーは、高齢者や若い世代の間で人気があります。コーヒーは刺激効果が高く、他にもいくつかの重要な利点がありますが、あまり知られていません。最近の研究によると、コーヒーは糖尿病の発症リスクを減らすことができ、コーヒーは体の糖レベルを維持します。

コーヒーを定期的に飲むことで、皮膚がんのリスクを低下させることができます。前癌性細胞はコーヒー要素によって殺されるが、予防のために運動も必要である。この前ガン性細胞のDNAは紫外線ベータ線によって損傷または破壊される。医師はしばしば、コーヒーを飲んで、定期的に練習をして皮膚がんを予防するようアドバイスします。

<!科学者たちの研究によれば、1日5杯のコーヒーを飲むと、実際にアルツハイマー病を予防することができ、それは予防を通じて遠くまで働くことが示されています。肝臓疾患による死の可能性もこの飲み物によって減少します。肝臓癌を治すことはできませんが、それを定期的にとることは、肝疾患の予防にある程度役立ちます。

コーヒーは抗酸化物質の良い供給源であり、人々のウイルス攻撃を予防するだけでなく、健康を維持するのにも役立ちます。肉体的な世界では、重い運動の後、コーヒーを飲むと筋肉の痛みを軽減することができます。知られていませんが、コーヒーに関する有用な事実は、それがアドレナリンとコルチゾンの生成を刺激する化学物質を含んでいるということです。これらは体を刺激する2つのホルモンであり、これがコーヒーが人々に再充電され活発に感じさせる理由です。コーヒーはまた、エスプレッソとして摂取すると多動を引き起こすとも言われています。他のすべての飲み物と同様に、コーヒーは過剰に取られることは勧められません。

<! - 3 - >

緑茶は、多くの癒しの特徴を含んでいるので、コーヒーよりもずっと多くの癒しの力を持つと言われています。緑茶の最も重要な利点は、がんを予防することです。科学者たちはこの飲み物の癒しの特性を見つけるために数多くのテストを行い、肯定的な結果が成果であった。

アルツハイマー病を有する可能性が最も高い人々の4分の3が、緑茶を頻繁に飲むことによって、後の時期に発症しなかったことが研究によって示されている。毎日3杯の緑茶を飲むと、インスリン耐性の低い糖​​尿病の症状の30%を治癒することができます。医学研究はこの真実を明らかにした。

化学療法の多くの副作用がある。化学療法を受けた患者の85%によると、1日1杯の緑茶を飲んで吐き気を治療し、他の副作用の一部を治しながら再充電した。緑茶はまた、体重を減らすために人々を助ける。余分な脂肪を失うことを試みている人々は、しばしば緑茶で作られた飲み物で処方されます。この飲み物はまた、パーキンソン病の状態をその患者の間で助ける。

上記の事実を観察することにより、コーヒーと比較して緑茶がより健康的で有用であることは明らかである。それは、コーヒーがするよりもはるかに多くの病気や症状を予防し治療します。別のハイライトは、緑茶とは異なり、コーヒーは中毒性があるということです。