ゴシック建築とロマネスク建築の違い

ゴシックとロマネスクの建築

ゴシックとロマネスクの建築は、ある種の類似点と多くの違いを持つ異なる建築様式です。

ロマネスク様式の建築様式は、9世紀と12世紀に流行しました。ビザンチンとローマ様式はロマネスク様式の建築に影響を与えました。 "Romanesque"という名前は1800年代に刻まれ、古代ローマのアーチと似ていた樽庫の特徴があります。

<! - 1 - >

ゴシック様式の建築は12世紀半ばまでさかのぼります。ゴシック様式の建築は主に教会を天のように見せることを目的としていました。ゴシック様式の建築は、教会を明るく、カラフルに、そして急上昇させました。
ロマネスク様式の建築物は、大きな窓、内部空間、バレルの金庫、厚い壁、窓やドアの丸いアーチの特徴を持っていました。ゴシック様式の建築には、ハイネス、フライングバットレス、垂直線など多くの機能があります。 2つのアーキテクチャの主な違いの1つは、ゴシック様式の建物でよく見られるバットレスの使用です。
2つの時代の建物を比較すると、ロマネスク時代の建物は厚く、壁が厚くて重いものでした。ゴシック様式の建物は壁が厚いため、巨大で多数の窓を作ることは困難でした。ロマネスク様式の建物には小さな窓しかありませんでしたので、部屋は薄暗くなっていました。ロマネスク様式の構造には重い枠が付いていました。一方、ゴシック様式の構造は細い骨格を持っていました。ゴシック様式の建物にはステンドグラスの大きな窓があり、部屋にもっと光が入るようになっていました。
もう一つの違いは、ゴシック様式の構造が非常に高く、空を指していることです。ロマネスク様式の建物には鈍い塔がありました。ロマネスクの建物とは異なり、ゴシック様式の建物には、「バラの窓」と呼ばれる華やかな円形の窓がありました。 "

<! - 2 - >

要約:

1。ロマネスク様式の建築は、9世紀と12世紀に流行しました。ビザンチンとローマ様式はロマネスク様式の建築に影響を与えました。 2。ゴシック様式の建築は12世紀半ばまでさかのぼります。ゴシック様式の建築は主に教会を天のように見せることを目的としていました。 3。ロマネスク様式の建築物は、大きな内部空間、バレル金庫、厚い壁、窓やドアの丸いアーチの特徴を持っていました。ゴシック様式の建築には、ハイネス、フライングバットレス、垂直線など多くの機能があります。 4。ロマネスク様式の構造には重い枠が付いていました。一方、ゴシック様式の構造は細い骨格を持っていました。 5。ゴシック様式の建物には、ステンドグラスの大きな窓があり、部屋にもっと光が入るようになっていました。ロマネスク様式の建物には小さな窓しかありませんでしたので、部屋は薄暗くなっていました。
<! - 3 - >